ホテル約款

本約款の適用

第1条

1.当ホテルの締結する宿泊及び休憩契約は、この約款の定めるところによるものと、この約款の定められていない事項については法令、又は習慣によるものとします。

2.当ホテルは前項の規定にかかわらず、この約款の趣旨、法令、及び習慣に反しない範囲で特約に応ずる事が出来ます。

宿泊及び休憩の引受の拒絶

第2条

当ホテルには次の場合には宿泊、又は休憩の引受けをお断りする事があります。

1.宿泊及び休憩の申し込みが、この約款によらないものであるとき。

2.満員、満室により客室の余裕がないとき。

3.宿泊及び休憩しようとする者が、宿泊及び休憩に関し、法令の規定、又は公の秩序、若しくは善良の風俗に反する行為をするおそれがあると認められたとき。

4.宿泊、又は休憩しようとする者が伝染病であると明らかに認められたとき。

5.宿泊、又は休憩に関し特別の負担を求められたとき。

6.天災、施設の故障、その他やむを得ない理由により宿泊又は休憩させる事ができないとき。

7.宿泊、又は休憩しようとする者が泥水者等で他の宿泊、又は休憩者に著しく迷惑を及ぼすと認められたとき及び迷惑を及ぼす言動をしたとき。

8.宿泊、または休憩者が犯罪又は刑法にふれるような行為をした者とみとめられたとき。

料金の支払い

第3条

1.宿泊及び休憩者が客室の使用を開始したのち任意に宿泊及び休憩しなかった場合においても御室料金は申し受けます。

2.お客様がお部屋を宿泊及び休憩の目的において客室をご利用の後、料金支払いが不能になった場合、当ホテルは客室料金を正確にお客様にご了解願ってお部屋をご利用いただいておりますので、万一所持金の不足あるいはその他の理由でお支払いが行われなかった場合、故意に予めお客様が無銭飲食を目的としたホテルの利用者であったとみなし然るべく毅然とした法的処置をとらせていただきます。

利用規則の厳守

第4条 宿泊、又は休憩者は当ホテル内において当ホテルが定めた下記の利用規則に従っていただきます。

1.ホテル内で暖房用、炊事用などの火器やアイロンなどを持ち込みご使用にならないこと。

2.ベッドの中など火災の原因となりやすい場所で喫煙をなさらないこと。

3.高声・放歌や喧騒な行為、その他、他人に嫌悪感を与えたりなさらないこと。

4.睡眠薬、その他の薬物の使用はなさらないこと。

5.ホテル内に次のようなものをお持ち込みにならないで下さい。

(A)動物(B)はなはだしく多量な物品(C)不潔なものまたは悪臭を発するもの

6.ホテル内でとばく及び風紀を乱すような行為はなさらないこと。

7.外来者を客室に入れたり、客室内の諸設備、諸物品などを使用させたりなさらないこと。

8.客室やロビーを事務所、営業所がわりに使用なさらないこと。

9.ホテル内の諸設備、諸物品をその目的以外の用途に使用なさらないこと。

10.ホテル内の建築物や所物備に異物をとりつけたり、現状を変更するような加工をなさらないこと。

11.ホテル内で他のお客様に広告物を配布するような行為をなさらないこと。

12.ホテルの外観をそこなうような品物を窓にお掛けにならないこと。

13.窓から物品をお投げにならないこと。

14.廊下やロビーなどに靴やその他の所持品を放置なさらないこと。

15.ホテル外から飲食物の出前をおとりにならないこと。

16.ホテルフロント自動案内板において、料金をお客様に明確にご了承願っておりますが、不明の点がございましたら電話等でご料金をご確認下さいませ。

17.当ホテル内で突発的に病気、けが、事故等が発生した場合におきましても、当ホテルでは一切関知致さないと同時に責任を負いかねます。

18.当ホテルの什器、備品、建物本体及び、設備をお客様の責任において不注意或いは故意に破損及び、漏水、冠水、落書き、焼こげ等発生した場合、当ホテルが認める時価相当額を弁償或いは賠償して戴きます。

19.宿泊当日、当ホテルのフロント及び各部屋の備えつけの用紙に登録して下さい。

20.当ホテルの宿泊及び休憩に関する責任は宿泊者及び休憩者が当ホテルの自動案内板のスイッチを入れた時に始まり、宿泊及び休憩者が出発するために客室をあけた時に終わります。

21.ご入館後施設等の故障等によりやむを得ず当ホテルより退館を申し入れた時は了承していただき、すみやか退館願います。尚、その事を理由に金銭等の要求はしないこと。